› 築45年の家に住む › 2011年02月

  

Posted by at

2011年02月24日

床暖房はどれにする?~我が家の場合

5年ほど前に我が家のLDKをリフォームしたとき、
床暖房を設置しました。
古い家は寒さが身にしみる!
足元から冷えが上がってきます。


この部屋のリフォームの詳細は私のHP内で紹介しています

床暖房の方法もいくつかあります。
ガスや灯油などで温めた温水をパイプで床下に循環させる方法、
電気の熱源をフローリングの下に設置するタイプ、などなど。

で、我が家の出した結論は「電気」でした。理由として

1.  今回のリフォームで2部屋を1つの空間にしたため、広い空間全体に   
   床暖房を設置するのはイニシャルコスト、ランニングコスト共に
   かなり費用がかかる。

   床暖房は輻射熱で温めるので空気を汚さず、
   空気の乾燥にもやさしいので、
   本来、床暖房の設置面積の割合を大きくして、
   長時間床全体を暖めると、
   エアコンも必要ないくらいに快適な暖かさになり(本当はこれが
   床暖房の一番の魅力)
   そういう場合は温水循環型の方が電気より経済的になってくるのだが、
   家族人数が少なく、一日の中で出入りが多く、
   LDKに長時間いない我が家。
   
   そこで熱源をダイニングテーブルの下とソファ下の足元だけに設置し、
   切り替えてピンスポットで使うことにした。


   (ピンスポットで暖かさを体感しています。)


   (コントロールパネルでAとBの↑エリア選択)

   床暖房はあくまでもエアコンのサブとして。

2.  電気の場合、設置も比較的簡単で、その後の定期メンテナンスも
   ほとんどいらず、故障の場合でも対応が比較的簡単。
   我が家の場合はキッチンの床下収納庫が点検口を兼ねていて、
   そこから点検が容易にできます。

最後に、どのタイプの床暖房にしても、フローリングは床暖房対応の
ものにしましょう。
木は動く!ので、
無垢フローリングは熱でアバれます!(ひずみが出たり割れたりすること)
我が家のは表層はカリンの挽板(無垢材をやや厚めにスライス
したもの)で、下の層は熱に強い合板です。

  


2011年02月21日

名作椅子のいいところ~H・J・ウェグナー ピーコックチェア

この椅子は10年ほど前、私がインテリアの仕事を初めた年に、
記念に買った椅子です。
Kitaniという、飛騨高山にある、北欧本国メーカー認定の生産技術を持った
家具メーカー。そこできちんとリペアされたものを買いました。



高さ104cmのアーチ型の背が、羽を広げたクジャク(ピーコック)に
似ていることから付けられた名前。

堂々たる雰囲気があるので、大柄の男性が座ると、すごく似合います。
(実際、我が家に来られるお客さんでも、男性の方が座りたがります)

女性が座っても、この大きな背にもたれて、アーチにつつまれるカンジが心地よいですよ。

この椅子を買った当初は我が家のリフォーム前の和室の縁側に置いていました。



この椅子の良いところ、つまりこの椅子を買ったポイントは「座面が低いこと」。
SH=36cmです。床座の和室でも違和感のない高さ。
現在は応接間に置いていますが、座の低いソファと合わせても、ちょうどいい。

それに、この背のスポークから向こうが見えるので圧迫感がない。
「椅子越しに景色が見える」
のもこの椅子ならではのいいところ、です。  


Posted by nobo at 16:43Comments(0)名作デザイン

2011年02月19日

名作椅子のいいところ~ル・コルビジェ LC2

20年前に家具の歴史を勉強していたころから、
「いつかは欲しいものリスト」
に入っていたこの椅子。

そして、昨年コルビジェ設計のラ・ロシュ邸に見学に行ったとき
(当ブログ「ル・コルビジェの色②~ラ・ロシュ邸」(2011.2.3)ご参照下さい)
アトリエの空間にやはりLC2が置いてあって、
「どうしても欲しい!!」モードに。
そして、やっと手に入れました。しかも2脚!!
中古ですが、元展示品の新品同様のカッシーナ社のLC2!
ヤフオクに感謝です。



それまで15年近く使っていた3人掛けのソファを処分し、
この2脚、現在我が家のリビングに存在しております。

これまでもいろんな所で見かけて、何度も座って知っていたのに、
手に入れて初めて実感したことは、

1. 実にコンパクト。
  W760xD700xH660、しかもキューブ型なので、視線の邪魔をしない。
  モデルルームなどでよく使われるのも、
  存在感はありながら、日本の家でも部屋の広さを選ばない、
  便利なサイズだからなんだ、と実感。

2. クッションが精巧に作られている!
  フレームにスクエアなクッションが背・アーム・座とベースの
  5個で構成された、シンプルな作りなのですが、
  そのクッションをセットするときに、隙間なくピッチリと
  はめ込まれるように作られているのには驚きです。
  また、カバーのファスナーは、開け閉めするツマミがないのです。
  つまりカバーを取りはずす時は、カバーを張り替える時。  
  それだけカバーと中身に遊びがないように作られている。
  意外にも高い技術が使われているクッション部。

おまけにもうひとつ、これは余談ですが、気がついたことを。


我が家ではTVの前に置いて使っているのですが、
座って長時間TVを見ていると、
どうしても楽な姿勢になるために、前に腰がずり気味になるので、
脚のせのためにオットマンを置いてみたり、
TVも大型が主流の今、目線の高さが同じかそれより上気味になると、
頭を支えるヘッドレストがあったらいいな、と感じたりします。

カウチ型ソファの良さと、この椅子の良さと、
比較するのはナンセンスですが。

メンテナンスがメーカーでちゃんとフォローできることも
名作椅子のいいところ。
将来はカバーを張替たり、置く場所も替えたりして、
この一生ものの椅子と楽しく付き合っていきたいと思います。     




  


Posted by nobo at 19:52Comments(0)名作デザイン

2011年02月17日

ひなかざり~さげもん

二月も後半にはいり、桃の節句の飾り付けをしました。
床の間も模様替え。


昔から義母が集めた雛人形やら飾りやら、
年一回、この時期に出してあげないといけないような
気がして。
両側に下がっているのは、福岡で「さげもん」と呼ばれている
雛飾り。ずっと前から欲しいと思っていたところ、

祖母のうちから古いものをひとつ、もらい受け、

この鞠の飾りは筑後独特のもの。

もうひとつは手芸が得意な義母が作ったもの

ちりめん布でつくった鳥や動物などがかわいらしい。


女の子の健やかな成長を願ってひと針、ひと針、
心をこめて昔から作られてきた飾りです。

さげもんがあると、雛飾りはぐっと華やかになります。
一対あるとなおさら。2つも手に入るなんて、
願っていると、どこからか、巡りめぐって手に入るものですね。
  


Posted by nobo at 16:27Comments(2)古いウチのこと

2011年02月15日

床のリフォーム~絨毯の収納

我が家にはやはりお座敷があり、
当然畳なのですが、
冬には絨毯を敷き、夏には籐を敷く、という季節の敷物の
衣替えを昔からするようになっています。

この「敷物替え」(ホントはプラス建具もあるのですが)、
大家族の昔は運び手がいたので、物置から大勢で
わっせわっせと号令かけなから運んでいたのですが、
家族3人の今はとても無理。

かといって捨てるわけにもいかず、部屋の隅に丸めておくのもなんなので、



床の張替をした際に、座敷横の廊下の床下に収納を作ってもらいました。
いわゆる長ーい「床下収納庫」です。
これなら重い段通の絨毯もなんとか運べます。(今は夏の籐が入っている)

木造で、床下の高さがあれば、
そして(床の強度的にも)あまり幅を広くとらなければ出来ること。



閉じると、わからないように、枠もなく作ってもらってます。
苦労して作って下さった大工さんに感謝です!


  


2011年02月14日

ウォーホルの絵

「寒いね。今、ウォーホルの絵が届いたんだけど、観にこない?」

さりげなくカッコイイ電話メッセージに誘われて、知り合いのギャラリー、
福岡市平尾にあるギャラリーM.A.P.さんへ寄らせていただきました。

以前このブログで「アートポスターをリフォームする」の時にふれた、
ポスターをパネルにして下さったのがこちらです。
いつも我が家にある古い絵の修理やら、額装のやり直しとか、
まさにリフォーム的なことばかりお願いして、
絵はちっとも買わず、スミマセン。



ウォーホルの絶滅危惧種の動物シリーズ。
サーモンピンクの絵に同色の額縁がカワイイ。
(どうしても額装って気になる性分)

コレクションの絵はどれも現代的で、スマートな作品が多いのは、
やはりオーナーさんのお人柄なのでしょう。
いつも素敵な絵を見させて頂きありがとうございます!

  


Posted by nobo at 23:45Comments(0)その他のこと

2011年02月12日

迎え花~ふきのとう

我が家でまた「飲み食べ会」をすることになり、
キッチンのカウンターの上に生けた迎え花は



実家の家の畑に出てきた巨大なふきのとう。
あまり大きいのは食べるには苦みが強すぎるらしいので、季節の花として
お客様を迎える役になってもらいました。

小さいのはやっぱり天ぷらにして。春先の季節の天ぷらって最高。
この日の「飲み食べ会」の詳細はもうひとつの私のブログ
「福岡カスレ協会」をご覧ください。

ちなみに一緒に生けているのは、青もじと猫柳です。  


Posted by nobo at 21:46Comments(0)その他のこと

2011年02月07日

春に向けて

このところ、小春日和の福岡。
昨日は久々に庭仕事。



植えていた菜の花をまびきをして、2列に植えなおし。

3年前に植えた枝垂れ桜の花の下で黄色い花を咲かせてくれるといいのですが。



まだまだ、春は遠いかな。  


Posted by nobo at 15:24Comments(0)古いウチのこと

2011年02月03日

ル・コルビジェの色②~ラ・ロシュ邸

昨日紹介した(2/2付「ル・コルビジェの色」)カラーチャートの色が実際に使われているロシュ邸、
こんな感じです。


使用人の部屋の入り口からみたところ。
ヴィヴィットに見えるけど、実際は居心地よかったです。


ダイニングルーム。アプリコット色の壁で食欲増しそう。


階段を上がったところ。壁の色が塗り分けられているのは
「それぞれの壁の存在を明確にするため」と
写真の女性(おそらくコルビジェ財団の日本人スタッフの方)が
教えて下さいました。ドアの面と厚みの部分もちゃんと色が違う!

「住宅は住むための機械である」という言葉を残しているコルビジェですが、
機械といっても、けっして冷たくない、合理的なだけではない、
むしろ色だけでも、これだけ考えてあり、コルビジェの愛情が感じられて
観ていて幸せな気持ちになります。

加えて空間のデザインや家具なども・・・
とても言いつくせない。
  


Posted by nobo at 12:22Comments(0)名作デザイン

2011年02月02日

ル・コルビジェの色

家にこんなモノがあるのを思い出しました。



昨年フランスを旅した時に、パリ16区にあるコルビジェ設計のラ・ロシュ邸を訪ねた際に買った、ロシュ邸のカラーチャート。

当時(1923/25)建築にこんなに色を取り入れるのは画期的だったらしい。コルビジェが画家でもあったことも影響しているのでしょう。

現在、当時の色も忠実に復元されていて、その考えぬかれた空間の形と知的な色使いに感動したのを色を見ながら鮮やかに思い出しました。

実際のラ・ロシュ邸の様子は明日のブログ「ル・コルビジェの色②~ラ・ロシュ邸」にて  


Posted by nobo at 14:33Comments(0)名作デザイン

2011年02月01日

窓際のリフォーム2~ホームセキュリティ

既存の住宅にホームセキュリティを設置する場合、
これはSECOMの場合ですが、窓枠にボックス状の無線発信器を取りつけます。
セキュリティ中に窓が開けられたら、それを本体に信号で送るためなのですが、これが窓枠への取り付け方によっては



障子が左右逆前にしないと閉められないなどの残念な状況になります。

もし新築やリフォームなどでセキュリティを新たに付ける際は、
あらかじめセキュリティ会社に連絡すると、窓枠にボックスを付けなくてすみます。
つまり有線にするということ。壁の中に配線してもらうのです。
もちろん、工事代金が別途かかりますが、
無線発信器はレンタル料として毎月のセキュリティ料金にかかってくるので、あとあとお得にもなります。



見た目もすっきりするしね。