› 築45年の家に住む › 2011年08月05日

  

Posted by at

2011年08月05日

レトロビルに学ぶ~graf(大阪市中の島)

引き続き、大阪探訪のつづきなのですが、

以前から訪れてみたかった、
grafへ行ってみました。



grafは、家具製作から建築、空間デザイン、照明、グラフィック、
さらに食にまでいたる、クリエイティブグループ。

その拠点であり、カフェやショップが
このgraf bld.にあります。

行ってみて気がついたのですが、
ここもかなりのレトロビル!
築40年ほどでしょうか。
今、私が取り組んでいるレトロアパート同様、
5階建て、エレベーターなし、です。



3階のショップは、家具を中心に、器や小物など
ナチュラルなモノたちが置かれています。
コンクリートの床に、白にシンプルにペイントされた壁。
天井と壁、一部床に無垢の板を配しているのが、
落ち着き感があっていい。
ビルの両サイドの窓から自然光が入って、
居心地いい空間です。



ついでに、お手洗いも撮ってしまいました。

(写真左)タイル使いって、今では贅沢。
昔はみんな、タイルばっかりだったから、
それをそのまま活かしているのでしょうか?
小物使いもさりげなく、上手い。

(写真右)思わずカメラに収めたTペーパーホルダー。
この、抜け感、遊び感がすごくここに合っている。
商品として、売ってるのかな、これ?



(写真左)踊り場の壁もアートがあって、
さずが、クリエイティブ集団だけあります。

(写真右)2Fはカフェ。こっちの壁はこわして、
ブロックそのままとガラスで厨房を見せるのは
なかなかいいアイデア!

この空気感は、デザインだけでなく、
レトロビルの持つ心地よさ、そして
大らかさによるところもあるのでは
ないかと感じました。

そして、ギャラリーやカフェやショップなど
人が出入りして、ビルも活かされている。

まだまだ、レトロビルの可能性を信じ、活かしていこう、と
静かに思う私でした。  


Posted by nobo at 18:07Comments(0)その他のこと