› 築45年の家に住む › 2011年09月15日

  

Posted by at

2011年09月15日

古い家・秋のしつらえ

我が家の庭にうるさいほど鳴いていたセミの声が
気がつけば、松虫の声に。

今日は十八夜、居待月(いまちづき)というのだそうです。



まだまだ日中は残暑が残りながらも、
気分だけは秋モードに。
というわけで、家の置きものを替えてみました。



床の間というのは、便利なもので、
掛け軸を掛け替えるだけで、
模様替えしたように、雰囲気が変わります。

桔梗の絵と、夏から置いている青磁の壺の色が合う。
まだ気候的には夏なので、
とりあえず涼しげな青磁のままにしておくことに。

そんななか、知らぬ間に夕顔が咲いていたので、
家にとりこんで、愛でてみました。



花も気がつけば、秋の風情になっている。
一夜だけ咲いて、しぼんでしまう、それだけに美しく、
香りも夜に漂います。
うちわは京都の「あいば」で昨年買ったもの。
木版のシンプルな柄が気に入りました。



古いウチには何でもあるもので、
博多の秋祭り「筥崎宮の放生会」のちゃんぽんも家にあったので
年に一度の出番、で飾ってみました。

放生会が終わると、
博多には本格的に秋が訪れます。  


Posted by nobo at 23:09Comments(2)古いウチのこと