› 築45年の家に住む › 名作デザイン › 名作椅子のいいところ~ル・コルビジェ LC2

2011年02月19日

名作椅子のいいところ~ル・コルビジェ LC2

20年前に家具の歴史を勉強していたころから、
「いつかは欲しいものリスト」
に入っていたこの椅子。

そして、昨年コルビジェ設計のラ・ロシュ邸に見学に行ったとき
(当ブログ「ル・コルビジェの色②~ラ・ロシュ邸」(2011.2.3)ご参照下さい)
アトリエの空間にやはりLC2が置いてあって、
「どうしても欲しい!!」モードに。
そして、やっと手に入れました。しかも2脚!!
中古ですが、元展示品の新品同様のカッシーナ社のLC2!
ヤフオクに感謝です。



それまで15年近く使っていた3人掛けのソファを処分し、
この2脚、現在我が家のリビングに存在しております。

これまでもいろんな所で見かけて、何度も座って知っていたのに、
手に入れて初めて実感したことは、

1. 実にコンパクト。
  W760xD700xH660、しかもキューブ型なので、視線の邪魔をしない。
  モデルルームなどでよく使われるのも、
  存在感はありながら、日本の家でも部屋の広さを選ばない、
  便利なサイズだからなんだ、と実感。

2. クッションが精巧に作られている!
  フレームにスクエアなクッションが背・アーム・座とベースの
  5個で構成された、シンプルな作りなのですが、
  そのクッションをセットするときに、隙間なくピッチリと
  はめ込まれるように作られているのには驚きです。
  また、カバーのファスナーは、開け閉めするツマミがないのです。
  つまりカバーを取りはずす時は、カバーを張り替える時。  
  それだけカバーと中身に遊びがないように作られている。
  意外にも高い技術が使われているクッション部。

おまけにもうひとつ、これは余談ですが、気がついたことを。


我が家ではTVの前に置いて使っているのですが、
座って長時間TVを見ていると、
どうしても楽な姿勢になるために、前に腰がずり気味になるので、
脚のせのためにオットマンを置いてみたり、
TVも大型が主流の今、目線の高さが同じかそれより上気味になると、
頭を支えるヘッドレストがあったらいいな、と感じたりします。

カウチ型ソファの良さと、この椅子の良さと、
比較するのはナンセンスですが。

メンテナンスがメーカーでちゃんとフォローできることも
名作椅子のいいところ。
将来はカバーを張替たり、置く場所も替えたりして、
この一生ものの椅子と楽しく付き合っていきたいと思います。     






同じカテゴリー(名作デザイン)の記事画像
大分県立美術館、行ってきました。
コルビジェLC2 張り替え、その後。
アメリカ西海岸: 風土と建築・インテリア
コルビジェLC2 張り替えます。
名作照明、来たる~ARCO(Castiglioni)
温故知新~ウィリアム・モリスのインテリア
同じカテゴリー(名作デザイン)の記事
 大分県立美術館、行ってきました。 (2015-06-03 15:55)
 コルビジェLC2 張り替え、その後。 (2015-01-20 16:41)
 アメリカ西海岸: 風土と建築・インテリア (2015-01-18 10:19)
 コルビジェLC2 張り替えます。 (2014-09-11 00:23)
 名作照明、来たる~ARCO(Castiglioni) (2012-09-28 00:22)
 温故知新~ウィリアム・モリスのインテリア (2012-01-04 00:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。