› 築45年の家に住む › 店にカウンターあり、カウンターにこだわりあり › シポという木のカウンター~Bar ugle(福岡市薬院)

2011年09月26日

シポという木のカウンター~Bar ugle(福岡市薬院)

初めて見る、知る、カウンターの木、



樹種を尋ねると、
「シポ、というアフリカの樹です。」

調べたところ、前回のブログ「無垢テーブル・4年ぶりの再会」
センダンと同じ、センダン科の木ということがわかりました。
もともと私は、丸太一本分買うほど、センダンが気に入っているので
なんだか、急に親近感がわいてきます。

それにしても、このカウンターの圧巻なのは、



直角に板どうしをつなぐ、その継ぎ手。
ジグゾーパズルのように、
たがいの形にカーブを切り抜き、合わせる。
珍しい材、しかもミスが許されない継ぎ方です。

普通は「無垢テーブル・4年ぶりの再会」のテーブルに使ったような、
蝶ネクタイ型の「ちぎり」という形のものを両板に埋め込むのが
一般的。
デザインのこだわり、心意気が伝わります。



柿沼守利氏デザインの空間に
デザインの優れた椅子が並ぶ。
隣接の北欧家具ショップのオーナーが経営する
バーugle(ウーグル)。

いつも羨ましく見上げる、
ルイスポールセンの照明の名作、
アーティーチョーク。
その吹き抜けから下りてくる、
心地よいスピーカーの音を楽しみながら
美味しいお酒を楽しみます。



カウンターのお仕事完了です。
実は初のカウンターのお仕事です。
貫禄のローズウッドカウンター:帝国ホテル「Old Imperial Bar」
ブラック VS ホワイト美長カウンター
古材のカウンター~ブリティッシュパブSei(福岡市平尾)
オールブビンガの迫力~バー・パルムドール (福岡市大名)
 カウンターのお仕事完了です。 (2014-08-30 23:59)
 実は初のカウンターのお仕事です。 (2014-06-26 14:00)
 貫禄のローズウッドカウンター:帝国ホテル「Old Imperial Bar」 (2014-04-03 19:42)
 ブラック VS ホワイト美長カウンター (2012-05-19 16:53)
 古材のカウンター~ブリティッシュパブSei(福岡市平尾) (2012-04-26 00:08)
 オールブビンガの迫力~バー・パルムドール (福岡市大名) (2012-04-23 17:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。